家庭・自宅用天然水の宅配・配達・サーバー付き

宅配のおいしい天然水で、おいしい飲み物やお料理を!

おいしい天然水を使うと、飲み物や料理の味が変わってきます。宅配の天然水なら、
重い思いをしなくてもいつでも天然水を配達してくれるので重宝ですね。

そして天然水の味の違いがよく分かるのは、やっぱり飲み物
緑茶もコーヒーも、通の人は、水道水を使う場合は前の晩から汲み置きをしておくと言いますが、
宅配の天然水なら、そんな必要もありません。

◆宅配のおいしい天然水で緑茶を入れるコツ

宅配の天然水なら、ウォーターサーバーをレンタルしてくれるので温水もすぐでます。
この温水の温度は、メーカーによって微妙に違いますが、だいたい90度前後。
緑茶を入れる適温は70度前後なので、温水を緑茶を入れた急須に直接入れず、
まず湯飲みなどに入れてから、急須に入れてお茶を出すとおいしくなります。

そして、お茶の葉が、お湯で開ききってしまう前の、葉の開きかけの頃がお茶をそそぐタイミング。
それ以上時間が経つと、渋みが出てしまいます。

夏に最適なのが、氷で出す緑茶。宅配天然水で作った氷を使うと、またおいしいです。
作り方は簡単。急須に高級な緑茶をやや多めに入れて、氷も適量一緒に入れておきます。
2,3時間経って氷がほとんど溶けた頃が、飲み頃。まろやかな甘い冷茶ができています。
お客様に出すタイミングを計って作っておくといいですね。

◆宅配のおいしい天然水でコーヒーを入れるコツ

コーヒーはまずやっぱり豆選びが大事ですが、水にもおいしさが左右されます。
コーヒーには鉄分の多いミネラルウォーターだと、タンニンと反応して黒ずんでしまうので避けたほうが
いいですが、宅配天然水の多くはナチュラルミネラルウォーターで、まろやかな軟水なので大丈夫です。

そしてコーヒーを淹れるのに使うのは、熱湯。天然水の宅配でレンタルできるウォーターサーバーの
温水からお湯をくみ、ほんの少し火にかけるといいでしょう。お水から沸かすよりは、かなり早くできますね。
また、カップもドリップもお湯で温めておきます。

熱湯は3回ぐらいに分けてドリップに注ぎます。
最初は、中央(粉の中心)に静かに注ぎ、コーヒー豆が盛り上がってきたら、外側に向かって渦巻き状に
熱湯を注いでいきます。10秒ほどして泡立ちがすっかり沈んだら、2回目も同じように注ぎます。
次は、泡立ちが沈まないうちに3回目を注ぎます。


◆宅配のおいしい天然水で紅茶を淹れるコツ

宅配の天然水は、たいてい軟水なので紅茶を淹れるには最適です。ただし100度の熱湯がいいので、
ウォーターサーバーの温水から出して、少し火にかけましょう。

お湯に大きな泡が出てくるようになったら適温。すぐに、紅茶を入れたポットに入れ、蓋をします。
(ポットもカップも温めておきましょう)

上等な紅茶で3分、普通なら2分半ぐらい待ち、スプーンで一回かき回してからカップに注ぎます。
この3分あるいは2分半、しっかり待つことが大事です。

家庭用サーバー付き天然水の宅配を、徹底比較|自宅用の安い・おいしい水!メニュー